千葉県公共入札参加企業

株式会社村上建設

採用情報

代表挨拶

『お客様に喜んで頂き、ありがとうと言って頂ける仕事を目指し』

村上建設は設立1978年に創業し、民間建築工事と土木工事を手掛けてまいりました。そして弊社のロゴは、『人と人との繋がりを大切に』と言う意味が含まれています。お客様を大切に、取引き業者を大切に、家族を大切に、そして村上建設の心臓部分でもある社員を大切にと言う意味が込められています。

代表取締役村上正典

平成10年に佐倉市に本社を移転し、佐倉市・千葉県に入札参加を出し徐々に会社の規模が大きくなってまいりました。そして平成16年から新たに外構事業部と解体事業部を開設し、30年経った今 佐倉市でも上位に入るほどに成長しました。

その中でも、解体実績は千葉県内でも上位に入る程の実績持つ程に成長しました。成長の糧となった事は、営業社員は現場経験を豊富に学んだ社員が多く、最小限の価格でお客様にご提案をし、弊社での一番の強みでもある、自社職人による直接工事を行う事で同業他社よりも安くご提案でき、尚且つ自社機械を所有する事でより一層低価格でご提案できた事です。

お客様の工事を請け負った際に、お客様より頂いた声で『良くして頂きありがとうございます!』や『職人さんの対応かとっても良かったです!』と言う声を頂いた事と、公共工事で培った技術・安心を学び、社員1人1人がお客様に還元できた。そして、解体工事はリサイクルが第一であると共に、環境への配慮・地域への貢献を念頭に置き、さらに平成26年には千葉県解体工事業協同組合に加入させて頂きました。

千葉県内の会員業者さんと共に、解体工事と言う業種のイメージアップに努め、技術・安心を追求して行きたいと考えております。まだまだ成長期にある村上建設をどうぞ宜しくお願い致します。